二足歩行が原因

人間が猿や類人猿と区別されるきっかけとなったのは、人間が二足歩行になったことから始まっている。
二足歩行を可能にするために、人間の背骨のバランスはS字型になった。
このために、歩きながら手を使うことができ、色んな道具を作ることができるようになったのである。
しかし、こうした進化は、絶えない腰痛や脊椎の痛みと付き合うきっかけもつくることとなった。
S字の状態は日常生活を送っていくうちに簡単に崩れてきてしまう。この背骨の歪みが続くと、24個ある背骨は一つずつずれていき、背骨の中を通っている神経を圧迫させることになる。
この背骨の歪みが続くと、24個ある背骨は一つずつずれていき、背骨の中を通っている神経を圧迫させることになる。
これが影響し、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった病気を育んでしまうのである。

脊柱管狭窄症は、神経が通っている場所が、背骨がずれることによって狭くなってしまう病気の総称である。
背骨は体の中に24個連なった状態であるので、この脊柱管狭窄症は、首から腰までどこででも起こる可能性があるといえる。特に首や腰に起きることの多い病気である。
整体や整形外科で治療することができ、温熱療法やリハビリ、手術が治療方法として行われている。
高齢者の人に多く見られる病気であるが、若い人でも重い物を持ったり激しい運動をしたりするときに起きることもある。
別名坐骨神経症や、変形すべり症とも呼ばれており、色んな症状がある。
症状を放っておいても、自然に治ることのない病気なので、早めに治療を行なう事が大事である。手足にしびれや痛みがあり、消えるがまた痛み出す、という人は要注意である。

正しい知識を知る

脊柱管狭窄症は正式な病名であるが、この中にも腰部や頸部に起こる病気など色んな症状がある。民間では坐骨神経痛とも呼ばれており、いろんな治療方法が提案されているが、正しく知り、治療する事が大事である。

Read more

腰と首の違い

腰や首に起こる脊柱管狭窄症は微妙に症状が異なる。共通しているのは、脊椎に起こっている症状であるということである。24個ある背骨のどちらかに症状が起こっているため、痛む場所が違う。

Read more

手術は一日で

手術によって脊柱管狭窄症を治療する方法がある。たいていは二日~三日で治療が済むので、進行した人には推奨される手術となっている。痛みに耐えるためには痛み止めも処方されるが、使い続けていると効果が無くなってしまう。

Read more

普段の対策

脊柱管狭窄症が起こる原因としては、様々な原因がある。激しい運動を行っている人、高齢者、同じ姿勢を撮り続けている人など、年代も幅広いが、姿勢に関する問題は共通している。

Read more

オススメリンク